結婚祝いに食べ物を贈ることについて

結婚祝いの贈り物にはいくつかタブーがあるとされています。
刃物は縁が切れるというイメージがあるためふさわしくないと言われていますし、消耗品も形が残らないためふさわしくないと言われています。
ですが、近年そういったタブーも変わりつつあります。
タブーよりも、本人たちの本当にほしいものを贈るという風潮が強くなってきています。
そのため、消耗品である食べ物を贈ることも近年では増えてきています。
消耗品は、万が一好みに合わなくても消費することができるため、むしろもらう側からすると好ましいという考え方もメジャーになりつつあります。
結婚祝いとして食べ物を贈る場合には、相手の考え方や、好み、生活習慣などを調べてから贈るとよいでしょう。
事前に相手にほしいものを聞くのもいいかもしれません。
サプライズで贈りたい、必ず喜ばれるものがいいという場合には、お米や、調味料など生活する上での必需品を贈ると喜ばれます。
食べ物を集めたカタログギフトなどもおすすめです。